テクニカルチャート

過去に付いた価格や相場の動きを元に、今後の予測をする分析手法を『テクニカル分析』といいます。
要するに、過去にここまで価格が上昇または下落したので、今後もこのラインが目安になるだろうと考えたり、
それぞれの通貨ペアの癖をつかんで、将来の相場を予想することです。

テクニカル分析の元となる、過去から現在までの通貨ペアの動きを盛り込んだものがチャートと呼ばれるものです。チャートは、縦軸に価格、横軸に時間をとります。これで何月何日の何時何分に、いくらの価格が付いたということがひと目でわかります。

FX会社が用意してあるチャートは、時間単位を、月単位、週単位、1日単位、30分、10分、5分、1分・・・と選ぶことが可能になっています。実際の取引では、このチャートを総合的に見て取引します。

総合的にというのは、短期チャートでは下降トレンドであっても、長期のチャートでは上昇トレンドにあるということは珍しくないのです。トレンドを把握するのは長期で、取引のタイミングを計るのが短い時間のチャートというような利用方法になります。

ローソク足というチャート

最もポピュラーで利用頻度が高いチャートがロウソク足です。2種類に塗り分けられた長方形と、その上下に付いたヒゲで、始値、終値、高値、安値を表します。

始値より終値が高い場合を陽線といい、これが続くようなら、上昇する力が強まっていると判断できます。始値より終値が安い値が付いた場合を陰線といい、これが続くようなら下降傾向にあると判断できます。

また、十時線は、始値と終値が同じであった場合です。これ以外にも売買のタイミングやトレンドを読み取るための特徴的なものがあり、投資家の間で最も頻繁に利用されるチャートです。

HOME > テクニカルチャート